幼児教育という子どもへの贈り物

幼児教育は親がわが子に贈ることのできる最高の贈り物と言う事ができます。幼児教育とは行き着くところは、その子が将来幸福に暮らすための下地、基礎を据えてあげることです。新しいことに取り組む積極的な心、他の人を思いやり人と仲良くすることのできる優しさ、難しいことに粘り強くあきらめずに挑む態度、こうした人としての力は幼児期にどのような教育を受けるかに大きく左右されます。ですから今、自分にこうした態度や心、性格がある程度身についている方は、もちろん自身の努力もあると思いますが、親がそうした「人としての基礎」を幼児期に据えてくれたことを感謝できるでしょう。そして、今現在子どもを育てている方は、こうした幼児教育が決して簡単ではないものの、最愛の子どもに送ることのできる最高のプレゼントになるということをいつも思い出すようにしましょう。そうするなら、くじけそうなときもあきらめずに幼児教育に取り組むことができるはずです。この贈り物は親だけが贈ることができるものなのです。

幼児教育で何を目指すのか

小さいお子さんを持たれるお母さんたちであれば、誰しも幼児教育について興味をもたれることがあるでしょう。またママ友の間でも「こんな教室に通わせている」とか「こんな教育を行っている」といった情報交換がよく行われていることと思います。こうした情報の交換をしていると、実際のところどんな幼児教育を行うのが一番良いのか迷ってしまうことがありますよね。人それぞれ幼児教育に対する考え方はいろいろありますが、やはり基本は、学ぶことが好きになること、人を思いやる優しい心を持つこと、こうしたことではないでしょうか。ですから、幼児期に天才児にならせようとしたり、同年代の子どもたちよりも先を行く勉強ができるようになる、といったことは幼児教育の本来の目的ではないのです。学ぶことが好きになった子どもは、就学後に自分で勉強を進んで行うようになります、優しい心を持った子どもは、たくさんの良い友達とともに楽しく幸福な子ども時代を送ることができます。これこそが幼児教育が目指す点ではないでしょうか。

しつけは家庭で行う大切な幼児教育

幼児教育の基本はやはり何と言っても家庭です。つまり日常生活の中で学ぶ機会を与えるということです。どんな家庭であっても親の意識ひとつで家の中は素晴らしい幼児教育の機会の場となります。家庭でできる教育の大切なことの中にはやはりしつけがあります。これは親の責任ですよね。挨拶をすること、ありがとう、ごめんなさい、といった他の人を思いやる言葉、間違いを認める言葉、こうしたことを学ばない子どもは、結果的に人からあまり愛されず、本当の意味で幸福な幼年期を送ることはできないでしょう。子どもは自分が他の人から好かれているのか、本当に可愛がられているのかを敏感に感じ取ります。家の中でしつけられていない子どもは社会に出て、とりわけ就学後に自分が人からあまり好かれないことに気づくでしょう。これは他の人と仲良くし、良い友達を持つという人生において大切な経験をするうえで大きなハンディとなります。だからこそ正しいしつけは非常に大切なのです。

何故、幼児教育で親の愛情が伝わることが必要か

幼児教育における大切なことのひとつは親の愛情を子どもに伝えることです。意外と見落としがちな点かもしれませんが、幼児教育では子どもに単に学力を身につけさせるということよりも、むしろ就学後に必要な社会性や忍耐力、継続する力といった能力を学ぶことが大切です。そして、こうした人としての特性を身につけるうえで親の愛は基礎となります。子どもにとって自分の狭い世界の中で最も頻繁に接するのは親です。特に幼児にとっては親との関係が世界のすべてといっても過言ではないでしょう。ですから、もし親からの愛情を十分に受けることができなければ、子どもはその時点で誰からも愛情を受けていないということになってしまうのです。こうなると子どもは自分が社会にとって必要である、という自分を肯定する心を培うことができなくなります。そして、それは社会性の欠如につながり、自分が頑張ったところで誰も喜ばないという気持ちから継続する力の欠如にもつながってしまうのです。

手遊び歌を知っていますか

保育園や幼稚園で幼児教育の一環として教えられることのなかに「手遊び歌」があります。ネットの情報でもよく赤ちゃんや幼児におすすめの「手遊び歌」が紹介されたりしていますよね。皆さんは手遊び歌、実際にされたことありますか?実は、手遊び歌は幼児教育において実際に良い効果があると言われています。手を動かしながら歌を歌う、という2つのことを同時に行うことにより、幼児は脳の働きを活性化させることができます。手の動き、リズム感などが培われるため運動神経の発達にも役立つと言われています。また、手を動かしながら歌うことで言葉を覚えることも促進されます。大人の外国語教室でもお手玉しながら言語を話して訓練する、という方法がありますよね。また、手遊び歌には簡単なストーリーも入っていますし、メロディーもあるため情緒や感性を培う点でも役立つようです。こうして考えてみると昔から伝わってきたこの「手遊び歌」という幼児と遊ぶ手段は、ただの遊びではないことが良く分かりますね。

通わせるか、自分が教えるか

幼児期の教育に力を入れる親が増えています。こういう時代ですので、ある程度の学力や学歴が将来の仕事、そして人生を大きく変えるのは事実です。ですから、幼児期に学ぶことの楽しさを知ってもらうことで就学後も勉強が好きな、勉強が得意な子どもに育っていってほしい、と願うのは当然のことですよね。皆さんの中にも、どのような幼児教育を行うか今現在考えている、という方がおられるのではないでしょうか。幼児教育には大きく分けて2つあります。それは幼児教室に通わせて専門の先生を通して、幼児たちが教育を受けるという方法、そしてもうひとつは専門の教材を使って、お母さん自身が幼児教育を行う、という方法です。これは親の生活スタイルも大きく影響してくると思います。共働きで家にいる時間が少ない、という方は幼児教室に通わせることを選ぶケースが多いでしょう。反対に家にいる時間がたっぷりある、というお母さんであれば自身で教育する方法を選ぶかもしれません。どちらにもメリットがありますので良く吟味して選びたいですね。

幼児教育法のそれぞれの特徴をよく知ろう

ちまたには幼児教育に関する情報があふれています。書店に行けば、~式、や~メソッドといった本もたくさんありますね。もちろん、どの幼児教育法も教育のプロフェッショナルの人たちや、実際に幼児教育を行って成功したお母さんやお父さんが記している場合がほとんどですので、かえって害をもたらすということはあまりないかもしれません。ただ、やはり実際にこれから子どもを育てようとする人や、子育てに悩んでいる人にとっては、この情報の中からどれを選択したらよいのか迷ってしまうことはあるでしょう。そんなときにどうすれば良いでしょうか。幼児教育にはそれぞれに特徴があります。たとえば、丈夫な体を作り、快活で元気な子に育てる、IQなどの才能を開花させる、子どもの自主性を重んじ、子ども時代を目いっぱい遊んで楽しく過ごさせる、などそれぞれに特徴を持っています。もちろん、どれも子どもの良い将来を考えた教育という点では目的は似ているのかもしれませんが、アプローチの仕方がそれぞれ違ってきます。ですから、その特徴をまずはよく知ることが大切です。

3歳児の幼児教室とは?

幼児教育は3歳までに行うのが望ましいとされていますが、実際のところ0歳や1歳で幼児教室に入れる親はまだあまり多くありません。幼稚園や保育園に入る前の3歳児の幼児教室が最も人気が高いと言われているのです。3歳という年頃は社会性を身に着け始め、知能や情緒、体力など人間の根本的な土台となる部分が形成されていく非常に大切な時期と言われています。3歳児の幼児教室ではこれから先の集団生活になれるように社会性を身に着け、総合的に子供の知能を発展させていくカリキュラムが多いでしょう。子供の好奇心を満たしてあげると、自ら考えて、対応する能力や見たり、聞いたりする力を養うことができると言われています。また学習をするためには集中力が何よりも大切になります。幼児教室では集中力を高めて、社会で生きていくためのマナーやルールを身に着けられるのです。知能的な面だけでなく、相手に対する思いやりやルールを守ることの重要性などを習得できるでしょう。育児だけでは得られない様々な体験をさせてくれるのも幼児教室の魅力の1つでしょう。

受験対策の幼児教室のメリット

小学校受験を考えているお子さんをお持ちのご家庭では、受験対策用の幼児教室へ通っているケースが多いです。小さい頃から幼児教育を行うことで、子供にとってはたくさんの刺激を与え頭のよい子に育つと言われています。受験対策用の幼児教室では受験トレーニングだけを行うのではなく、1人1人の年齢や発達段階に合わせて最適な指導を行っていってくれるので、知能的にも伸びますし、その子供が持っているよいところや可能性を引き出すことができると言われています。つまり受験だけでなく、その先にある子供の将来を見据えて教育を行ってくれるのです。母親による育児だけでは子供の可能性を引き出してそこを伸ばしてあげるというのは限界があります。他の大人とかかわったり、子育てや幼児教育の専門家である教師に指導してもらったりすることで、その子本来のよいところが見えてくるでしょう。小学校受験だけでなく、幼稚園受験にも対応している幼児教室もありますので、受験を考えている場合には幼児教室選びも重要になってくるでしょう。

英語の幼児教育

幼児期に習い事をさせることが近年では当たり前の風潮になっています。

例えば、日本学校図書口コミ情報等のサイトを見ると、知育幼児教材を使って天才児を育てる情報が多数でています。

他にも、ベビースイミングや英会話、幼児教室、リトミックなど様々な習い事をしているかもしれません。

その中でも特に多いのが、幼児期に英会話を始める親御さんです。日本語もしゃべれない子供が英語を勉強して意味があるの?と感じるかもしれませんが、まだ話せない時期だからこそ、英語を吸収しやすいと言われています。英語を聞いて、言葉で話しかけることで子供たちはジョジョに理解して、その知識を吸収していくと言われています。この効果が期待できるのが、7~8歳がピークと言われており、その後はリーディング効果が薄れてしまうと言われています。つまり小さい幼児期に英語の幼児教育を行うことは決して無駄なことではないのです。もちろん英会話にかよって家でも頻繁に話しかけてあげることが重要にはなりますが、子供に賢く育ってもらいたい場合にはできるだけ早く英語に触れさせてあげるとよいでしょう。