手遊び歌を知っていますか

保育園や幼稚園で幼児教育の一環として教えられることのなかに「手遊び歌」があります。ネットの情報でもよく赤ちゃんや幼児におすすめの「手遊び歌」が紹介されたりしていますよね。皆さんは手遊び歌、実際にされたことありますか?実は、手遊び歌は幼児教育において実際に良い効果があると言われています。手を動かしながら歌を歌う、という2つのことを同時に行うことにより、幼児は脳の働きを活性化させることができます。手の動き、リズム感などが培われるため運動神経の発達にも役立つと言われています。また、手を動かしながら歌うことで言葉を覚えることも促進されます。大人の外国語教室でもお手玉しながら言語を話して訓練する、という方法がありますよね。また、手遊び歌には簡単なストーリーも入っていますし、メロディーもあるため情緒や感性を培う点でも役立つようです。こうして考えてみると昔から伝わってきたこの「手遊び歌」という幼児と遊ぶ手段は、ただの遊びではないことが良く分かりますね。

通わせるか、自分が教えるか

幼児期の教育に力を入れる親が増えています。こういう時代ですので、ある程度の学力や学歴が将来の仕事、そして人生を大きく変えるのは事実です。ですから、幼児期に学ぶことの楽しさを知ってもらうことで就学後も勉強が好きな、勉強が得意な子どもに育っていってほしい、と願うのは当然のことですよね。皆さんの中にも、どのような幼児教育を行うか今現在考えている、という方がおられるのではないでしょうか。幼児教育には大きく分けて2つあります。それは幼児教室に通わせて専門の先生を通して、幼児たちが教育を受けるという方法、そしてもうひとつは専門の教材を使って、お母さん自身が幼児教育を行う、という方法です。これは親の生活スタイルも大きく影響してくると思います。共働きで家にいる時間が少ない、という方は幼児教室に通わせることを選ぶケースが多いでしょう。反対に家にいる時間がたっぷりある、というお母さんであれば自身で教育する方法を選ぶかもしれません。どちらにもメリットがありますので良く吟味して選びたいですね。

幼児教育法のそれぞれの特徴をよく知ろう

ちまたには幼児教育に関する情報があふれています。書店に行けば、~式、や~メソッドといった本もたくさんありますね。もちろん、どの幼児教育法も教育のプロフェッショナルの人たちや、実際に幼児教育を行って成功したお母さんやお父さんが記している場合がほとんどですので、かえって害をもたらすということはあまりないかもしれません。ただ、やはり実際にこれから子どもを育てようとする人や、子育てに悩んでいる人にとっては、この情報の中からどれを選択したらよいのか迷ってしまうことはあるでしょう。そんなときにどうすれば良いでしょうか。幼児教育にはそれぞれに特徴があります。たとえば、丈夫な体を作り、快活で元気な子に育てる、IQなどの才能を開花させる、子どもの自主性を重んじ、子ども時代を目いっぱい遊んで楽しく過ごさせる、などそれぞれに特徴を持っています。もちろん、どれも子どもの良い将来を考えた教育という点では目的は似ているのかもしれませんが、アプローチの仕方がそれぞれ違ってきます。ですから、その特徴をまずはよく知ることが大切です。

3歳児の幼児教室とは?

幼児教育は3歳までに行うのが望ましいとされていますが、実際のところ0歳や1歳で幼児教室に入れる親はまだあまり多くありません。幼稚園や保育園に入る前の3歳児の幼児教室が最も人気が高いと言われているのです。3歳という年頃は社会性を身に着け始め、知能や情緒、体力など人間の根本的な土台となる部分が形成されていく非常に大切な時期と言われています。3歳児の幼児教室ではこれから先の集団生活になれるように社会性を身に着け、総合的に子供の知能を発展させていくカリキュラムが多いでしょう。子供の好奇心を満たしてあげると、自ら考えて、対応する能力や見たり、聞いたりする力を養うことができると言われています。また学習をするためには集中力が何よりも大切になります。幼児教室では集中力を高めて、社会で生きていくためのマナーやルールを身に着けられるのです。知能的な面だけでなく、相手に対する思いやりやルールを守ることの重要性などを習得できるでしょう。育児だけでは得られない様々な体験をさせてくれるのも幼児教室の魅力の1つでしょう。

受験対策の幼児教室のメリット

小学校受験を考えているお子さんをお持ちのご家庭では、受験対策用の幼児教室へ通っているケースが多いです。小さい頃から幼児教育を行うことで、子供にとってはたくさんの刺激を与え頭のよい子に育つと言われています。受験対策用の幼児教室では受験トレーニングだけを行うのではなく、1人1人の年齢や発達段階に合わせて最適な指導を行っていってくれるので、知能的にも伸びますし、その子供が持っているよいところや可能性を引き出すことができると言われています。つまり受験だけでなく、その先にある子供の将来を見据えて教育を行ってくれるのです。母親による育児だけでは子供の可能性を引き出してそこを伸ばしてあげるというのは限界があります。他の大人とかかわったり、子育てや幼児教育の専門家である教師に指導してもらったりすることで、その子本来のよいところが見えてくるでしょう。小学校受験だけでなく、幼稚園受験にも対応している幼児教室もありますので、受験を考えている場合には幼児教室選びも重要になってくるでしょう。

英語の幼児教育

幼児期に習い事をさせることが近年では当たり前の風潮になっています。

例えば、日本学校図書口コミ情報等のサイトを見ると、知育幼児教材を使って天才児を育てる情報が多数でています。

他にも、ベビースイミングや英会話、幼児教室、リトミックなど様々な習い事をしているかもしれません。

その中でも特に多いのが、幼児期に英会話を始める親御さんです。日本語もしゃべれない子供が英語を勉強して意味があるの?と感じるかもしれませんが、まだ話せない時期だからこそ、英語を吸収しやすいと言われています。英語を聞いて、言葉で話しかけることで子供たちはジョジョに理解して、その知識を吸収していくと言われています。この効果が期待できるのが、7~8歳がピークと言われており、その後はリーディング効果が薄れてしまうと言われています。つまり小さい幼児期に英語の幼児教育を行うことは決して無駄なことではないのです。もちろん英会話にかよって家でも頻繁に話しかけてあげることが重要にはなりますが、子供に賢く育ってもらいたい場合にはできるだけ早く英語に触れさせてあげるとよいでしょう。

 

幼児期に刺激したい知的因子は100以上もある

身体も心も健康で柔軟な人間に育てるためには、小さいころからの幼児教育が重要になると言われています。全国的にも小さい幼児期の教育が重要であると言われてから、幼児教室の開設数が増えてきています。

幼児教室は色々なスタイルがありますが、子供の世界を大切にする環境作りは重要でしょう。子供には大人とは違う子供の文化が存在しており、その感性や世界を壊すことなく大切に取り扱ってあげることが重要になります。

幼児教室では育児ではできない学習や自分をのびのびと表現できる空間作りなどを行ってくれます。脳の構造は幼児期に90%以上が完成してしまうと言われています。この大事な時期を逃してしまうと、後の成長は緩やかになってしまうので様々な可能性を引き出してあげたいのであれば、幼児教育は非常に重要になるでしょう。

一般的に幼児期に刺激してあげたい知的な因子は100以上あると言われています。この全てを育児で行うのは困難ですので、幼児教室で同年代の子たちと触れ合いながら学習を進めることでより脳の発達がスムーズに行われるでしょう。

日本学校図書でも、IQ200を目指した子供の教育をしており、脳の刺激を与えて天才児を育てております。

お受験には幼児教室?

幼児教育は子供の脳の発達を促すと言われており、子供に対しての学習の意識が高い教育熱心な親御さんは幼児教室に通わせているケースが多いと言われています。特に幼稚園や小学校をお受験することを視野に入れている場合、ほとんどの子供は幼児教室に通わせているでしょう。育児や保育だけでは得られない知識や学力を身に着けることができる幼児教室はいわばお受験の第一段階ともいえるのです。幼児教室に通うと決めたならば、まずは幼児教室選びが重要になってきます。幼児教室と一言でいっても様々な種類があります。大手の教室もあれば、個人で行っているところもあります。また教室の保育方針としても外遊びを中心としたのびのび育てていくという方針もあれば、お受験対策の勉強を取り入れたところもあります。将来的にお受験を考えているのであれば、総合的な学習をすることができる大手の幼児教室がおすすめでしょう。大手の教室であれば、お受験情報についても網羅しており、先生もたくさんの生徒を見てきているので安心感があります。

脳の発達は3歳までに決まる?

出生時の脳の量は400gと言われており、脳は3歳の段階で成人の約70%が発育すると言われています。つまり3歳までの育児や保育環境によってその子の脳の発達が決まってしまうのです。つまり3歳までの幼児教育はその後の人生を決める上でも非常に重要であると言えるでしょう。幼児教育は本人が自らの意思で行うことができませんので保護者が子供の年齢に合わせた効果的な学習をできる環境を作ってあげなければならないのです。また保護者は子供に教育させるだけでなく、幼児教室に一緒に参加して子供の横や後ろに立って学習方法を一緒に学ぶことが効果的であると言われています。学習方法を知っておけば、幼児教室以外の時間でも家の中や外で、子供と楽しく学ぶことができるのです。親の意識が高ければその分子供によりよい教育環境を与えてあげる事ができるのです。幼児教室には色々なスタイルがありますので自分の子供に合ったものを選んであげるとよいでしょう。無理をせずに子供と一緒に楽しみながら教育を行えるとよいですね。

例えば、家庭保育園では、こういった脳への教育にもすぐれた教材で行っているようです。

http://www.konohana-kateiho.net/

モンテッソーリ教育とは?

幼児教育ブームに伴い幼児教室は全国でも数多くありますが、その中でもモンテッソーリ教育を実施している教室や幼稚園は増えてきています。モンテッソーリメソッドは世界中で支持されており、教育界に大きな影響を与えた教育法の1つであると言われています。モンテソーリメソッドの特徴としては、まずは自由に個別活動を行うことが挙げられます。子供は集団で同じことをするよりも1人1人が自分の活動を選び、自分のリズムで納得するまで活動するのがよいとされています。また子供の中にある自発性を重んじることも重要です。知的好奇心はどの子供にもあります。子供に自由な環境を与えることによって、自発性が養われると言われているのです。もう1つの特徴としては縦割りクラスが挙げられます。異なる年齢の子供たちと触れ合える縦割りクラスは刺激が強くお互いから学び合うことが出来ると言われているのです。育児の中にモンテッソーリメソッドを取り入れたり、モンテッソーリ教育を行ったり幼児教室なども増えてきています。