ワイヤーハーネス最新情報まとめ

ワイヤーハーネスの最新情報を発信します。

*

ワイヤーハーネスの今後の将来性について

ワイヤーハーネスとは

ワイヤーハーネスとは、具体的な例としては自動車に使われている電気配線の事です。
そのため、自動車用のワイヤーハーネスを作る専門の会社であれば自動車業界の生産の動向によって収益が左右されることになります。

自動車業界の将来は、電気自動車になる事が予想されています。
電気自動車ではワイヤーハーネスの需要が減っていく事も予想されます。
その理由は、電気自動車では重量やコスト面からハーネスに代わる多重通信システムが発達していく事も、可能性さて予想されるからです。
もっとも電気自動車になったからといって、今後も需要は変わらないという予想も出来ます。
ワイヤーハーネスには様々な種類があります。
自動車の上に使われるルーフハーネスや、ドアに使われるドアハーネス、さらにトランクにもハーネスが使われています。

電気自動車とワイヤーハーネス

これらは今後、電気自動車が主流になったとしても変わらずに強い需要が予想されます。
また、ワイヤーハーネスの需要は近年の自動車の内部構造の充実により増えていく事も予想されます。
例えば一昔前はカーナビ搭載の車は少数でしたが、今は主流になっています。
エアコンやパワーウインドウも当たり前になっています。
これらの部品はワイヤーハーネスが必需品です。
今後も電気が必要な機器が増える事が予想されています。
ハーネスは今後もさらに活躍していく事が予想されています。
現状において、一台の自動車について約2千本ものハーネスが必要だとされています。
そして自動車に使われているハーネスは、熱やエンジンの振動に長時間耐える必要があります。
またドアハーネスについては雨水に強い事も必要です。
そのため丈夫で安全な配線を製造する必要がありますが、日本の企業はこの点について世界を代表する技術があります。
したがって今後も輸出を含めて、さらに需要が見込める事が予想できます。
安心で丈夫なワイヤーハーネスがある事によって、快適な運転が可能となっています。

ここで、今後の将来ワイヤーハーネスに関して力を入れている会社を紹介します。

株式会社エレナのワイヤーハーネスの加工の特徴

株式会社エレナが製造して発売しているワイヤーハーネスは様々な用途にあうように色々な種類が発売されています。その用途とは主に電気設備、建設、OA機器、放送通信機器、医療機器、産業機器、アミューズメントなどの分野に対応するように提供をしています。

またワイヤーハーネスの加工も担当していて基礎的な技術を駆使して高品質なワイヤーハーネスをを生み出しています。大手企業との提携をしているため名も知られています。

主にどのような加工をしているかについて紹介します。

1、ワイヤーハーネス圧接加工

様々な用途に使用するワイヤーハーネスやケーブルの圧接加工に対応します。

2、ワイヤーハーネス圧着加工

ワイヤーハーネスに欠かせない圧着加工になり、各種圧着機を揃えているため様々なメーカーの圧着コネクターに対応できるよう加工します。

3、ワイヤーハーネス半田付加工

半田付加工においても品質管理を重点におき、電線に対する半田付加工のみ対応しています。

関連記事:ワイヤーハーネス規格とは

取り扱いメーカーも数多くあります。オンラインストアーも運営していて、そこからもケーブルなどの製品が買うことが可能となっています。

施設や設備もしっかりとしていて特に品質管理には力をいれていて導通、耐圧等の電気検査から外観検査までしっかりと細かいところまで検査をおこなっています。

その他にも各種電子部品の製造や販売もしています。

つまり私達が普段パソコンとかでつかうLANケーブルなども株式会社エレナが製造している製品を使っているということになります。

株式会社エレナは1989年に創業してから様々な要望に適切な対応できるように努力してきていて、一つ一つの製品に対して丹精込めて製作をしてきています。環境への取り組みも熱心にしてきていて、環境に優しい企業としても話題をよんでいます。

いくつかのメーカーの代理店の役割も果たしていて、電子部品を保護するケーブルグランド[SUPER-GLAND]の各種を取扱ったりしています。またACアダプターやオープンフレーム電源等を取り扱っています。

関連記事:ワイヤーハーネスと電気自動車の関係

公開日: