幼児期に刺激したい知的因子は100以上もある

身体も心も健康で柔軟な人間に育てるためには、小さいころからの幼児教育が重要になると言われています。全国的にも小さい幼児期の教育が重要であると言われてから、幼児教室の開設数が増えてきています。

幼児教室は色々なスタイルがありますが、子供の世界を大切にする環境作りは重要でしょう。子供には大人とは違う子供の文化が存在しており、その感性や世界を壊すことなく大切に取り扱ってあげることが重要になります。

幼児教室では育児ではできない学習や自分をのびのびと表現できる空間作りなどを行ってくれます。脳の構造は幼児期に90%以上が完成してしまうと言われています。この大事な時期を逃してしまうと、後の成長は緩やかになってしまうので様々な可能性を引き出してあげたいのであれば、幼児教育は非常に重要になるでしょう。

一般的に幼児期に刺激してあげたい知的な因子は100以上あると言われています。この全てを育児で行うのは困難ですので、幼児教室で同年代の子たちと触れ合いながら学習を進めることでより脳の発達がスムーズに行われるでしょう。

日本学校図書でも、IQ200を目指した子供の教育をしており、脳の刺激を与えて天才児を育てております。

お受験には幼児教室?

幼児教育は子供の脳の発達を促すと言われており、子供に対しての学習の意識が高い教育熱心な親御さんは幼児教室に通わせているケースが多いと言われています。特に幼稚園や小学校をお受験することを視野に入れている場合、ほとんどの子供は幼児教室に通わせているでしょう。育児や保育だけでは得られない知識や学力を身に着けることができる幼児教室はいわばお受験の第一段階ともいえるのです。幼児教室に通うと決めたならば、まずは幼児教室選びが重要になってきます。幼児教室と一言でいっても様々な種類があります。大手の教室もあれば、個人で行っているところもあります。また教室の保育方針としても外遊びを中心としたのびのび育てていくという方針もあれば、お受験対策の勉強を取り入れたところもあります。将来的にお受験を考えているのであれば、総合的な学習をすることができる大手の幼児教室がおすすめでしょう。大手の教室であれば、お受験情報についても網羅しており、先生もたくさんの生徒を見てきているので安心感があります。

脳の発達は3歳までに決まる?

出生時の脳の量は400gと言われており、脳は3歳の段階で成人の約70%が発育すると言われています。つまり3歳までの育児や保育環境によってその子の脳の発達が決まってしまうのです。つまり3歳までの幼児教育はその後の人生を決める上でも非常に重要であると言えるでしょう。幼児教育は本人が自らの意思で行うことができませんので保護者が子供の年齢に合わせた効果的な学習をできる環境を作ってあげなければならないのです。また保護者は子供に教育させるだけでなく、幼児教室に一緒に参加して子供の横や後ろに立って学習方法を一緒に学ぶことが効果的であると言われています。学習方法を知っておけば、幼児教室以外の時間でも家の中や外で、子供と楽しく学ぶことができるのです。親の意識が高ければその分子供によりよい教育環境を与えてあげる事ができるのです。幼児教室には色々なスタイルがありますので自分の子供に合ったものを選んであげるとよいでしょう。無理をせずに子供と一緒に楽しみながら教育を行えるとよいですね。

例えば、家庭保育園では、こういった脳への教育にもすぐれた教材で行っているようです。

http://www.konohana-kateiho.net/

モンテッソーリ教育とは?

幼児教育ブームに伴い幼児教室は全国でも数多くありますが、その中でもモンテッソーリ教育を実施している教室や幼稚園は増えてきています。モンテッソーリメソッドは世界中で支持されており、教育界に大きな影響を与えた教育法の1つであると言われています。モンテソーリメソッドの特徴としては、まずは自由に個別活動を行うことが挙げられます。子供は集団で同じことをするよりも1人1人が自分の活動を選び、自分のリズムで納得するまで活動するのがよいとされています。また子供の中にある自発性を重んじることも重要です。知的好奇心はどの子供にもあります。子供に自由な環境を与えることによって、自発性が養われると言われているのです。もう1つの特徴としては縦割りクラスが挙げられます。異なる年齢の子供たちと触れ合える縦割りクラスは刺激が強くお互いから学び合うことが出来ると言われているのです。育児の中にモンテッソーリメソッドを取り入れたり、モンテッソーリ教育を行ったり幼児教室なども増えてきています。

子供の能力を伸ばしてあげるためには幼児教育が重要

かわいいわが子のためならば何でもやってあげたい、子供によいことをさせてあげたいと思うのは親ならば当然でしょう。子供の持っている力を最大限に発揮させたいという場合には、よい幼児教育を受けさせてあげることが大切になります。幼児教育を受けさせてあげるためには、幼児教室に通うのが一番手軽でしょう。また育児の合間にさっと使用して知能を高めることができる幼児教材の使用もおすすめです。子供は日々いろいろなことに興味を持っています。その興味を持っている瞬間を見逃さずに、きちんと親がサポートしてあげることで子供の能力はぐんぐんと伸びていくのです。ただ子供の能力を伸ばしてあげるためには適切な時期に適切な教育を行うことが大切になります。その時期は子供たちが幼稚園や保育園に入園する前の3歳前後が一番効果的であると言われています。幼児教育は無理をして続けても意味がありませんし、三日坊主で終わってしまいますので、家庭の生活リズムや子供たちの調子を見ながら進めていくのがよいでしょう。